予防接種(定期)

予防接種(定期)

赤ちゃんは生後2~3カ月を過ぎると、お母さんからもらった免疫が少なくなり、自分で免疫をつけていかなければなりません。様々な感染症などに抵抗する免疫をつけていくことで、同じ病気にかかりにくくなったり、もう一度かかった時に症状が軽くなります。

予防接種はワクチンを使うことで、感染症の症状を発症することなく、それぞれの病気に感染したときと同じ状態をつくります。そうすることで、それぞれの感染源や病原菌のウイルスに対して免疫ができ、感染しにくくなります。

定期予防接種と任意予防接種の違い

予防接種は「定期予防接種」と「任意予防接種」の2種類があります。「任意より定期の方が重要」や「定期だけ受けていれば安心」と考えるお母さんも少なくないようですが、大きな間違いです!任意予防接種だからといって重要度が低いわけではありません。重症化するリスクを考えて、かかりつけのお医者さんにしっかり相談しましょう。

定期予防接種

定期予防接種とは、法律で「一定の年齢になった時に接種するように努力しなければならい」と義務づけられているものです。感染力が強い病気が指定されており、予防の必要性は非常に高いものと考えられています。ほとんどの地域では無料で受けることができ、小学校や中学校などで受けるものもあります。

任意予防接種

任意予防接種とは、保護者の希望に応じて病院で接種するもので特に義務づけられていません。定期予防接種とは違い有料です。康保険が適用されないので、全額自己負担となります。自治体によっては、任意予防接種の助成を実施している地域もあります。

乳幼児期の定期予防接種内容

Hib(ヒブ)

予防できる感染症 Hib感染症(細菌性髄膜炎・喉頭蓋炎)
接種時期目安
(接種回数)
生後2か月〜5歳未満(1~4回)

小児用肺炎球菌

予防できる感染症 肺炎球菌感染症(細菌性髄膜炎・肺炎)
接種時期目安
(接種回数)
生後2か月〜5歳未満(1~4回)

B型肝炎

予防できる感染症 B型肝炎
接種時期目安
(接種回数)
生後1歳未満(3回)

BCG

予防できる感染症 結核
接種時期目安
(接種回数)
1歳未満(1回)

水痘(みずぼうそう)

予防できる感染症 水痘(みずぼうそう)
接種時期目安
(接種回数)
1歳〜3歳未満(2回)

4種混合

予防できる感染症 ジフテリア、百日せき、破傷風、不活化ポリオ
接種時期目安
(接種回数)
生後3か月〜7歳6か月未満(初回3回、追加1回)

MR(1期)

予防できる感染症 麻しん、風しん
接種時期目安
(接種回数)
1歳〜2歳未満(1回)

MR(2期)

予防できる感染症 麻しん、風しん
接種時期目安
(接種回数)
5歳以上7歳未満(1回)

日本脳炎

予防できる感染症 日本脳炎(1期)
接種時期目安
(接種回数)
3歳〜7歳6か月未満

学童期以降の定期予防接種内容

DT(2期)

予防できる感染症 ジフテリア・破傷風
接種時期目安
(接種回数)
11〜13歳未満(1回)

日本脳炎(2期)

予防できる感染症 日本脳炎
接種時期目安
(接種回数)
9〜13歳未満(1回)

子宮頸がん予防

予防できる感染症 子宮頸がん
接種時期目安
(接種回数)
小学6年生〜高校1年生相当の女子(3回)

感染症・予防接種相談窓口

子宮頸がん予防(HPV)ワクチンを含む予防接種、インフルエンザ、性感染症、その他感染症全般について相談にお応えします。

電話番号:0422-70-1485
(午前9時~午後5時(土日祝日、年末年始を除く))

関連語句