乳児家庭全戸訪問事業(こんにちは赤ちゃん事業)

生後4か月までの乳児のいるすべての家庭を訪問して、相談・アドバイスを行う

  • 保育・教育
  • 相談

乳児家庭全戸訪問事業(こんにちは赤ちゃん事業)の説明

乳児家庭全戸訪問事業(こんにちは赤ちゃん事業)とは

生後4か月までの乳児のいるすべての家庭を訪問し、様々な不安や悩みを聞き、子育て支援に関する情報提供等を行うとともに、親子の心身の状況や養育環境等の把握や助言を行い、支援が必要な家庭に対しては適切なサービス提供につなげる。
このようにして、乳児のいる家庭と地域社会をつなぐ最初の機会とすることにより、乳児家庭の孤立化を防ぎ、乳児の健全な育成環境の確保を図るものである。

事業の内容

1.生後4か月までの乳児のいるすべての家庭を訪問し、下記の支援を行う。
・育児等に関する様々な不安や悩みを聞き、相談に応じるほか、子育て支援に関する情報提供等を行う。
・親子の心身の状況や養育環境等の把握及び助言を行い、支援が必要な家庭に対し適切なサービス提供につなげる。
2.訪問スタッフには、愛育班員、母子保健推進員、児童委員、子育て経験者等を幅広く登用する。
3.訪問結果により支援が必要と判断された家庭について、適宜、関係者によるケース会議を行い、養育支援訪問事業をはじめとした適切なサービスの提供につなげる。
※詳しくは各市区役所・町村役場にお問い合わせください。

実施主体

市町村(特別区を含む。)

子育て世帯を応援している東京都のスポンサー