更新に関するお知らせ

大変申し訳ございません。イクハクにおける北海道の子育て支援制度は、更新スタッフの人数不足により、現在掲載しておりません。
新型コロナウイルス感染症の影響により、2019年12月末を以て掲載情報の更新作業を一旦停止しております。当サイトをご利用されておりました皆様には、大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。なお、これまでの情報は更新前の古い状態ではありますが、掲載しておりますのでご覧頂く際にはご注意頂きますようお願い申し上げます。

寡婦控除・ひとり親控除

ひとり親家庭で条件を満たせば所得控除が受けられます

  • ひとり親

寡婦控除・ひとり親控除の説明

寡婦控除・ひとり親控除とは

所得税法が改正されました。2020年末の年末調整から「寡婦控除・ひとり親控除」と分類が変更されています。

「寡婦」の要件

 寡婦とは、受給者本人(女性)が、原則としてその年の12月31日の現況で、以下の1または2のどちらかに該当し、かつ、ご本人の所得の見積額が500万円以下である方が該当します。

1.以下の(1)・(2)のどちらかに該当し、扶養親族(子以外)のいる方
(1)夫と死別・離婚した後、婚姻していない方
(2)夫の生死が明らかでない方
2.以下の(1)・(2)のどちらかに該当し、扶養親族のいない方
(1)夫と死別した後、婚姻していない方
(2)夫の生死が明らかでない方

「ひとり親」の要件

生計を一にする子※がいる受給者ご本人が、以下のいずれかに該当し、かつ、ご本人の所得の見積額が500万円以下である方が該当します。

1.配偶者と死別・離婚した後、婚姻していない方
2.婚姻歴のない方
3.配偶者の生死が明らかでない方
※『生計を一にする子』とは、他の方の同一生計配偶者または扶養親族とされておらず、所得の見積額が48万円以下の子をいいます。
※住民票の続柄欄に「夫(未届)」、「妻(未届)」、またはこれらと同様の記載がある方は、事実上婚姻関係と同様の事情にあると認められるため、『寡婦』および『ひとり親』には該当しません。

〇詳細はお住まいの地域の年金事務所にお問い合わせください。
https://www.nenkin.go.jp/section/soudan/index.html

子育て世帯を応援している北海道のスポンサー