母子父子寡婦福祉資金貸付金

ひとり親家庭などに対し、経済的に安定した生活を送る資金を貸してくれる制度

  • お金
  • ひとり親
  • 生活

母子父子寡婦福祉資金貸付金の説明

母子父子寡婦福祉資金貸付金とは

母子父子寡婦福祉資金貸付金はひとり家庭の父母等が、就労や児童の就学などで資金が必要となったときに、都道府県、指定都市又は中核市から貸付けを受けられる資金で、ひとり家庭の父母の経済的自立を支援するとともに生活意欲を促進し、その扶養している児童の福祉を増進することを目的としています。

母子父子寡婦福祉資金貸付金ができた目的は、父子・母子家庭の父母の経済的自立を支援するとともに生活意欲を促進し、その扶養している児童の福祉を増進することです。あくまで借りるお金ですので、返さなければいけない点だけ注意してください。ただ、貸付利率については無利子です!

母子父子寡婦福祉資金貸付金の種類

・事業開始資金
・事業継続資金
・修学資金
・技能習得資金
・修業資金
・就職支度資金
・医療介護資金
・生活資金
・住宅資金
・転宅資金
・就学支度資金
・結婚資金
・特例児童扶養資金
※お住まいの地域により、あったりなかったりするみたいです。詳しくはお住まいの役所や保健福祉センターにご相談ください。

母子父子寡婦福祉資金貸付金の限度額

資金の種類により、限度額があります。また地域によって異なります。

母子父子寡婦福祉資金貸付金の償還期限(返済期限)

資金の種類により、3年間から20年間までとなっています。

備考

また、高等技能訓練促進費を利用して看護師等の資格取得を目指す母子家庭の母が、無利子の生活資金及び技能習得資金の双方を合わせて利用することが可能です。

母子父子寡婦福祉資金貸付金のQ&A

Q:借金でクレジットカードも通らない私ですがお金を借りることはできますか?
A:借金とは別の制度ですので、基本できます。一度役所で相談されることをおすすめします。

Q:母子父子寡婦福祉資金貸付金を借りることができても返すあてがないのですが。。
A:役所で担当課に相談してみましょう。ひとり親の就職を支援してくれる制度(高等技能訓練促進)もありますので、返済計画を一緒に立てられてみてはいかがでしょう。

Q:連帯保証人がいないのですが、借りれますか?
A:借りられます。連帯保証人の確保が困難な母子家庭の実情を考慮し、連帯保証人のない場合も貸付が認められるようになりました。ただし、その場合は無利子ではなく、有利子貸付1.5%となります。


※各地域によって、貸付額や対象者、返済期限が異なりますので、詳しくはお住まいの役所や保健福祉センターにてご確認ください。

 

子育て世帯を応援している東京都のスポンサー