訪問型病児・病後児保育 利用料助成制度

病児・病後児対象のベビーシッター料が助成されます

  • お金
  • 医療
  • 保育・教育
  • ひとり親
  • 地域独自

訪問型病児・病後児保育 利用料助成制度の説明

訪問型病児・病後児保育 利用料助成制度とは

お子さんが、病気やけがなどで、保育園や小学校に登園・登校することができないときに、ベビーシッターなどの派遣による保育サービスを利用された保護者の方に対して、利用料の一部を助成することで、子育て世帯の経済的負担を軽減します。

対象となる児童

文京区在住の生後 4 ヶ月から小学校 3 年生までの児童

助成対象サービス

お子さんが病気や怪我等で、保育園や小学校に登園・登校させることが困難なときに利用した、ベビーシッターの派遣等による病児・病後児保育サービスの保育利用料(ベビーシッターの往復交通費を含む)が助成対象となります。

・ベビーシッター等の派遣前後 7 日以内に、医療機関で受診していることが必要
・入会金、年会費、月会費その他これらに準じる費用は助成の対象になりません。
・勤務先の福利厚生などにより、助成を受けている場合や、クーポン券等により支払った場合は、その額を差し引いたあとの半額が助成対象となる。

助成費用

・助成対象サービス保育利用料の半額を助成します。
・児童1人あたり、1年度内40,000円が助成上限額となります。 
・勤務先の福利厚生などにより、助成を受けている場合や、クーポン券等により支払った場合は、その額を差し引いたあとの半額が助成対象となります。
・文京区子育て訪問支援券事業のご利用分は助成対象外となります。   

※助成上限額 児童 1 人あたり、年間4万円(4 月 1 日~翌年 3 月 31 日)

助成対象の事業者

助成の対象となるベビーシッター加盟事業者等の確認は、以下をご参照ください。
なお、助成対象は、加盟事業者等が実施する訪問型のサービスのみとなります。施設等での病児・病後児保育は助成対象外となりますので、ご注意ください。

○公益社団法人 全国保育サービス協会加盟事業者
http://www.acsa.jp/index.htm
○一般社団法人 全国病児保育協議会加盟施設事業者
http://www.byoujihoiku.net/ (訪問型サービスのみ対象)
○公益社団法人 全国保育サービス協会が国から委託を受けて実施する
ベビーシッター派遣事業の割引券取扱事業者
http://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/outline/sitter_atsukai.html


助成申請の手続き

ベビーシッターサービスの利用後、利用日の属する年度の翌年度末まで※に、
次の書類を提出してください。(サービス利用前の事前手続きは必要ありません)
※平成30年度は、 平成29年4月1日以降の利用分 の助成申請を受付中

提出書類

1. 助成金交付申請書兼口座振替依頼書
2. 医療機関に受診したことがわかるものの写し(診療明細・お薬手帳の写しなど)
3. ベビーシッターサービスの利用明細書の写し(利用日・利用時間等が分かるもの)
4.ベビーシッター事業者の領収書の写し
5.クーポンによる支払いや勤務先の福利厚生等の助成を受けたことがわかるものの写し
(勤務先福利厚生やクーポン等を利用した場合)

提出場所

 〒112-8555 文京区春日1丁目16番21号
文京シビックセンター5階南側 子育て支援課
 (郵送場合)
「文京区 子ども家庭部 子育て支援課 子育て支援推進担当」 宛まで

前年度住民税非課税世帯又は生活保護受給世帯の方

申請日時点で前年度の住民税が非課税の世帯又は生活保護を受けている世帯の場合、保育利用料の全額(年間 4 万円)が助成対象となります。
前年度非課税証明書(写し)又は生活保護受給証(原本)とともに、利用日の 3 か月後の末日までに申請が必要

お問い合わせ先

文京区 子ども家庭部 子育て支援課 子育て支援推進担当
TEL:03-5803-1256(直通)
FAX:03-5803-1889(事業専用)

子育て世帯を応援している東京都のスポンサー