難病の医療費助成制度

当該疾病に対する医療等に係る費用について、医療保険等適用後の自己負担分を助成

  • お金
  • 医療
  • 地域独自
  • その他

難病の医療費助成制度の説明

難病の医療費助成制度とは

平成26年5月に「難病の患者に対する医療等に関する法律」が公布され、平成27年1月1日から、新たな難病医療費助成制度が始まりました。110疾病を医療費助成の対象疾病(指定難病)と指定して制度が開始され、同年7月1日に196疾病が追加、更に平成29年4月1日から24疾病が追加され、現在330疾病が指定難病に指定されています。
また、東京都においては、本法律に基づく医療費助成の他に、東京都規則による難病医療費助成を行っており、現在は8疾病(都単独疾病)が医療費助成の対象となっています。
本制度は、指定難病又は都単疾病にり患している方で、一定の要件を満たす方に対し、当該疾病に対する医療等に係る費用について、医療保険等適用後の自己負担分を助成する制度です。

・難病医療費助成制度のご案内(対象疾病、助成内容、指定医療機関一覧、指定医一覧等)
・難病医療費助成制度における指定医制度について(要件、申請手続等)
・難病医療費助成制度における指定医療機関制度について(要件、申請手続等)
・難病医療費助成制度における指定医(難病指定医及び協力難病指定医)、指定医療機関の方へ
・難病医療費等助成制度に関するマイナンバー制度のお知らせ
・難病医療費助成の支給認定申請手続等
・診断書(臨床調査個人票)ダウンロード
・人工呼吸器又は体外式補助人工心臓を装着している方へ
・軽症かつ高額について
・高額かつ長期について
・難病医療費助成の更新手続きについて

詳しくは「手続きなどの詳細はこちら」をご覧ください。

子育て世帯を応援している東京都のスポンサー