区立幼稚園 保育料減免

幼稚園・保育園の制度が手厚い文京区。3人目のお子さんの保育費が免除

  • お金
  • 保育・教育
  • 地域独自
  • その他

区立幼稚園 保育料減免の説明

区立幼稚園 保育料減免とは

区立幼稚園にお子さんを通園させている保護者の方々に保育料の減額または免除を行っています。
減免の内容は次のとおりです。平成26年度より、減額・免除の対象が拡大されました。

1.減免を受けられる方

文京区在住で、現在区立幼稚園に3歳児・4歳児・5歳児を通園させている保護者で次の要件のいずれかに該当する方
(1)当該年度の特別区民税所得割課税額が非課税となる世帯及び生活保護法の規程による保護を受けている世帯
(2)当該年度の特別区民税所得割課税額が40,000円以下の世帯
※世帯構成員中2人以上の所得がある場合については、所得割課税額の合計額とする。
(3)児童扶養手当を受給している方のうち、婚姻によらないひとり親の方
※寡婦(寡夫)控除をみなし適用し、一般の寡婦・寡夫または特別の寡婦に該当する控除額を所得控除の額に加えて算出した特別区民税所得割課税額により、(1)又は(2)に該当する場合は、減額・免除します。
(4)同一世帯で2人以上の就園児がいる場合(※2)の第2子及び小学校1~3年生の兄・姉がいる場合の第2子(※所得要件はありません)
(5)同一世帯で3人以上の就園児がいる場合(※2)の第3子以降及び小学校1~3年生の兄・姉がいる場合の第3子以降(※所得要件はありません)
※2…園児の兄・姉が、就学前で、幼稚園、認可保育園、認定こども園、特別支援学校幼稚部、情緒障害児短期治療施設通所部、児童発達支援、医療型児童発達支援を利用している場合を含みます。

2.保育料の減免額

(1)・(5)に該当する世帯・・・・・全額免除
(2)に該当する世帯・・・・・・・・・7割を限度とする減額
(3)に該当する世帯・・・・・・・・・全額免除または7割を限度とする減額(上記「1減免を受けられる方」の(3)をご覧ください)
(4)に該当する世帯・・・・・・・・・5割を限度とする減額

3.減免の手続

減免を希望される方は、「保育料減免措置に関する調書(兼申請書)」に必要事項を記入のうえ、下記の必要書類を添付して、在園幼稚園に提出してください。
※「保育料減免措置に関する調書(兼申請書)」は、幼稚園に用意してあります。

必要書類

〇減免を受けられる方(1)・(2)に該当する方
特別区民税課税(非課税)証明書、または特別区民税納税通知書(コピーで可)。生活保護証明書。
〇減免を受けられる方(3)に該当する方
児童扶養手当証書の写しおよび特別区民税課税(非課税)証明書、または特別区民税納税通知書(コピーで可)。
〇減免を受けられる方(4)・(5)に該当する方
園児の兄・姉が、就学前で、国・私立幼稚園、認可保育園、認定こども園、特別支援学校幼稚部、情緒障害児短期治療施設通所部に通っている場合は、在籍証明書。児童発達支援または医療型児童発達支援を利用している場合は、受給者証の写し。
※小学校1~3年生の兄・姉の在籍証明は不要です。

4.申請受付

毎年6月中旬から7月上旬まで集中受付をしています。その後も随時受付します。

5.結果の通知

申請受理後、速やかに通知します。

6.平成26年度からの変更点

減免を受けられる方

(3)および(4)を新たに追加し、(5)の小学校1~3年生の兄姉がいる場合を追加しました。
変更点については、こちら「減免制度拡大のご案内」(PDFファイル; 194KB)もご覧ください。

お問い合わせ先

郵便番号112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号
文京シビックセンター12階南側
幼児保育課入園相談係
電話番号:03-5803-1190
FAX:03-5803-1346

詳しくは「手続きなどの詳細はこちら」をご覧ください。

子育て世帯を応援している東京都のスポンサー

文京区の関連制度

文京区のピックアップ