イクハクは企業スポンサーのご支援で運営しています

なわてファミリー・サポート・センター

育児や介護の援助を受けたい人と行いたい人が相互に助け合う会員組織

  • 保育・教育
  • 地域独自

なわてファミリー・サポート・センターの説明

なわてファミリー・サポート・センターとは

子育てをサポートしてほしい人(依頼会員)と子育てのサポートができる人(援助会員)がそれぞれ会員となり、地域で子育てを助け合う有償ボランティア活動を支援する事業です。

会員になるには

会員について

依頼会員(子育てをサポートしてほしい人)
市内在住で生後2か月から小学校6年生までの子どもを育てている人

援助会員(子育てのサポートができる人)
市内在住で20歳以上の人
センターの実施する養成講習会を受講後、会員となります。
養成講習会の内容については、「手続きなどの詳細はこちら」をクリックしてください。

両方会員
依頼会員と援助会員の両方に登録する人

入会について

依頼会員にご登録をご希望の人は、来所される日時をご予約の上、お越しください。
入会申込書、依頼会員票に必要事項をご記入・押印し、写真1枚(免許証サイズ:タテ3センチ、ヨコ2センチ4ミリ)を添えて、センターまでご提出ください。(用紙記入や写真撮影は、センター来所時でも可能です。)
来所時、「なわてファミリー・サポート・センター会則」と「個人情報に関する基本方針』などの説明(所要時間、約15分)を聞いて、同意していただいたうえでのご入会となります。
ご入会後、ご利用までに事前打ち合わせなどの調整が必要になりますので、ご利用の2週間から1か月前までには、ご入会の手続きをお願いします。

利用料金について

・会員登録料、保険加入料は無料です。
・依頼会員は援助活動が終わったら、利用時間数・利用時間帯によって報酬を援助会員さんに直接、渡してください。
・利用料金の授受について、当センターは関与しません。

報酬

・月曜日から金曜日の基本援助時間(午前7時から午後8時) 金額は1時間あたり700円
・土曜日・日曜日・祝日の基本援助時間(午前7時から午後8時) 金額は1時間あたり800円
・基本援助時間以外の時間(午後8時から午後10時) 金額は1時間あたり800円
・1時間未満の活動でも、1時間とみなして算出します。
・1時間を超える活動は、30分毎の加算となります。

実費

食事(ミルク)代、おやつ代、交通費等

ひとり親家庭助成

ひとり親家庭で基準に該当する場合は、申請により利用料金の半額助成を受けられます。

キャンセル料について

・前日までに連絡する場合 無料
・当日の利用申し込み開始時間までに連絡する場合 利用申込時間分の利用料金の半額
・当日の利用申し込み開始時間後、または連絡のない場合 利用申し込み時間分の利用料金の全額

援助活動について

援助できる内容

・保育所(園)、幼稚園の開始前・終了後の預かり
・学校、ふれあい教室の開始前・終了後の預かり
・保育所(園)、学校等の休みの時の預かり
・兄弟姉妹の幼稚園、学校行事の時の預かり
・会員(家族)の病気や通院時の預かり
・会員の短時間や臨時的就労時の預かり
・子どもの習い事への送迎等
・会員のリフレッシュ時の預かり
・その他、子育てのために必要な場合
など、理由は問いませんので、ご相談ください。

援助できない内容

・子どもが病気の時や病後時の預かり
・家事援助
・緊急連絡先が確保できない場合の預かりや送迎

原則的に援助できない内容

・援助会員が、自家用車(バイク等を含む)で子どもの送迎などをすること
・子どもに薬を服用させること

利用方法について

1.センターのアドバイザーに依頼の申し込みをします。
2.アドバイザーが援助活動の依頼(打診)を援助会員にします。
3.依頼会員と援助会員はアドバイザーと一緒に事前打ち合わせをします。
4.援助活動開始(例えば:援助会員宅での預かり)
5.援助活動が終わったら、援助会員は「活動報告書」を記入し、依頼会員に確認印をもらいます。
6.依頼会員は、規定の金額をそのつど援助会員に支払います。
7.援助会員は、活動報告を月末にまとめ、翌月7日までにアドバイザーに報告します。

子育て世帯を応援している大阪府のスポンサー