更新に関するお知らせ

大変申し訳ございません。イクハクにおける長野県の子育て支援制度は、更新スタッフの人数不足により、現在掲載しておりません。
新型コロナウイルス感染症の影響により、2019年12月末を以て掲載情報の更新作業を一旦停止しております。当サイトをご利用されておりました皆様には、大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。なお、これまでの情報は更新前の古い状態ではありますが、掲載しておりますのでご覧頂く際にはご注意頂きますようお願い申し上げます。

不育症治療費に対する助成制度

不育症治療費に対する助成制度のご案内です

  • お金
  • 医療
  • 妊娠
  • 地域独自
  • その他

不育症治療費に対する助成制度の説明

不育症治療費に対する助成制度とは

【不育症治療費に対する助成制度】

平成27年度から長野県独自で実施する新規事業です。平成27年4月1日以降に申請が可能となります。
平成28年度助成制度(PDF:267KB)
長野県不育症治療支援事業実施要綱(PDF:147KB)


■申請にあたっての注意事項
申請は治療が終了した日の属する年度内(3月末日まで)に行うこととなっておりますので、治療が終了しましたらお早めに申請してください。治療終了日が3月下旬などやむを得ない理由で、3月末日までの申請が困難な場合は、あらかじめお住まいの市町村を管轄する保健福祉事務所(保健所)へご相談ください。 前もってご連絡がなく、3月末までに申請されなかった場合は、助成が受けられませんのでご注意ください。

■対象となる費用
国内の医療機関において行われた次の検査及び治療費(保険適用・保険適用外)を対象とします。
(1)不育症の診断に係る検査
(2)ヘパリン療法
(3)アスピリン療法
(4)ステロイド療法
(5)その他知事が特に必要と認めたもの

■対象者
医師による不育症の治療を受け、治療によって出産の見込があると診断された次のすべての要件を満たす夫婦が助成対象です。
(1)法律上の婚姻をしている長野県内に住所を有すること
(2)夫婦の一方又は双方が長野県内に住所を有すること
(3)前年の所得が夫婦あわせて730万円未満であること(1月から5月までの申請については、前々年の所得)

■助成額
1回の妊娠に係る費用につき5万円を上限として助成します。

■助成回数
妻の年齢が治療期間の初日において40歳未満である場合は、通算6回まで、妻の年齢が治療期間の初日において40歳以上である場合には、通算3回まで助成します。

■申請書類
助成の対象となる不育症治療が終了した日の属する年度内に、次の書類を居住地を管轄する保健福祉事務所長に提出してください。
(1)長野県不育症治療費助成事業申請書(様式第1号)
(2)長野県不育症治療費助成事業受診等証明書(様式第2号)
(4)住民票の写し
(5)夫婦であることを証明できる書類
(6)夫及び妻の所得額を証明する所得・課税・扶養証明書

※所得だけでなく所得控除も記載されているものが必要ですので、ご注意ください。
※居住地が長野市内のご夫婦は、長野保健福祉事務所へ申請して下さい。長野市保健所ではありませんのでご注意ください。

子育て世帯を応援している長野県のスポンサー