不妊治療費助成

不妊治療を受けている夫婦に対し、不妊治療に要する経費が助成されます

  • お金
  • 医療
  • 妊娠
  • 地域独自
  • その他

不妊治療費助成の説明

不妊治療費助成とは

安心して妊娠できる環境を整備し少子化対策の充実を図るため、不妊治療を受けている夫婦に対し不妊治療に要する経費を助成します。

不妊治療費助成

〇助成の対象となる方
(1) 不妊治療(人工授精・体外受精・顕微授精)・男性不妊治療(不妊治療の一環として行われる以下に掲げる手術により精子を採取した場合)を受けている法律上婚姻をしている夫婦。
(夫婦以外の第三者からの精子・卵子・胚の提供による不妊治療、代理母による不妊治療は除きます)

男性不妊治療:(1)精巣内精子吸引法(TESE) (2)精巣上体精子吸引法(MESA) (3)その他精子を精巣または精巣上体から採取する手術。
(2) 夫婦の両方が申請日の時点で1年以上小諸市に住所を有する方。
(3) 夫婦の両方に市税の滞納がない方。
*卵胞が育たない、採卵ができない等の理由で県の助成対象とならなかった方につきましては、小諸市においても助成対象となりませんのでご了承ください。

〇助成の額と期間
一組の夫婦に対し、1年度あたりの不妊治療にかかった保険適用外の費用のうち10万円、また男性不妊治療費は5万円を上限として加算し、1年度につき1回の申請で通算5回(5年度分)まで助成します。ただし、県の助成を受けた金額は対象となりません。(県の助成金額を超えた金額については市で助成対象となります)

〇申請に必要な書類
(1) 小諸市不妊治療費助成事業申請書
(2) 不妊治療受診等証明書(医師の証明書)
(3) 医療機関が発行する不妊治療に係る領収書
(4) 県発行の不妊治療費助成金交付決定通知書(県の助成を超えた金額を申請される方)

〇申請方法
健康づくり課備え付けの上記(1)(2)の書類及び(3)を小諸市健康づくり課へ提出してください。治療した日の属する年度内(3月31日までに)で1年に1回申請をしていただきますが、可能な場合はできるだけ早くお願いいたします。

県の助成対象となる医療費については、先に県へ申請してください。

※「詳細はこちら」からご覧ください。

子育て世帯を応援している長野県のスポンサー

小諸市の関連制度

小諸市のピックアップ