一部更新作業を停止している情報があります

新婚家庭家賃助成金交付事業

市内の民間賃貸住宅に入居する新婚世帯に対して家賃の一部を助成します

  • お金
  • 生活
  • 地域独自

新婚家庭家賃助成金交付事業の説明

新婚家庭家賃助成金交付事業とは

新婚世帯の市内への定住及び民間賃貸住宅の活用を図る為、市内の民間賃貸住宅に入居する新婚世帯に対して家賃の一部を助成します。

新婚家庭家賃助成金交付事業

〇対象者(新婚世帯)
対象となる新婚世帯は、豊前市に定住する意思を持ち、家賃の助成を受けるための交付申請書の提出日において、婚姻(再婚を含む)の届出の日から1年以内の世帯で、次に記す要件全てに該当する世帯です。

住所を有する新婚家庭で、平成24年4月1日以降に新たに市内の*民間賃貸住宅の契約をし、入居した者であること!!
公営住宅の入居者は対象となりません!!
年齢が申請日現在で夫婦いずれかが満40歳以下であること
夫婦ともに助成を受けようとする民間賃貸住宅の所在地に住民登録をしていること
本市及び従前の居住地において市税等の滞納が無いこと
その他市長が必要と認めること

〇民間賃貸住宅とは
社宅、官舎、寮等の事業主から貸与を受けた住宅、借主(契約者)が会社名義等の本人以外の住宅、及び親族(二親等内の血族・姻族)の所有又は居住する住宅その他この助成金の趣旨に合わない住宅を除く自己の居住の用に供する賃貸住宅

〇事業期間(申請期間)
平成30年4月1日~平成31年3月31日まで

〇助成金の額
月額1万円を最高3年間助成します。ただし*実質家賃負担額が1万円に満たない場合はその額とします。(千円未満端数切捨て)
助成金の交付は、申請のあった翌月分からを、翌年4月にまとめて交付します。

※詳しくは「詳細はこちら」からご覧ください。

子育て世帯を応援している福岡県のスポンサー