清瀬市特定不妊治療費助成事業

不妊治療に係る各医療内容の東京都特定不妊治療費助成を超えた費用のうち、1回3万円を上限に助成

  • お金
  • 医療
  • 地域独自
  • その他

清瀬市特定不妊治療費助成事業の説明

清瀬市特定不妊治療費助成事業とは

不妊症とは、妊娠を希望するご夫婦が一定期間夫婦生活を持っているにもかかわらず、妊娠が成立しない状態をいいます。妊娠が成立するためには、多くの条件がそろう必要があり、原因は様々です。
治療費が高額になることもあり、清瀬市では特定不妊治療(体外受精及び顕微授精のみ)を受けている方に対して、経済的な負担の軽減を図るために、東京都が実施している特定不妊治療費助成制度に加え、治療費の一部を助成します。
「平成28年度末まで治療をされていて清瀬市特定不妊治療費助成事業の申請をされる方へ」
平成29年1月~3月に終了した治療につきましては、平成29年7月31日まで申請が可能です。(4月1日以降に清瀬市へ申請される方は、平成29年度の申請として受理します。)

助成内容

不妊治療に係る各医療内容の東京都特定不妊治療費助成を超えた費用のうち、1回3万円を上限に助成します。1年度に2回までを限度。
但し、「東京都特定不妊治療費助成事業」へ申請の際に提出した「東京都特定不妊治療費助成事業受診等証明書」の東京都の基準に同様の対象となる治療金額から東京都の助成額を差し引いた額が助成対象となります。
※他の区市町村で1回目の助成を受けてから転入された場合、その年度の清瀬市での申請は1回のみになります。
あらかじめご了承ください。
※東京都が助成対象としている精巣内精子生検採取法等は、助成対象外となります。

対象者

東京都特定不妊治療費助成制度の助成の承認決定を受け、次の要件を満たす方が助成の対象です。
1.東京都特定不妊治療費助成制度の申請日から、清瀬市への申請時現在でご夫婦どちらも引き続き清瀬市に住民登録があること
2.平成28年4月1日以降に治療を開始された方
3.東京都の助成に係る特定不妊治療に対して、他の区市町村から同様の助成を受けていないこと

詳しくは「手続きなどの詳細はこちら」をご覧ください。

子育て世帯を応援している東京都のスポンサー

清瀬市の関連制度

清瀬市のピックアップ