イクハクは企業スポンサーのご支援で運営しています

身体障害者手帳

身体障害者手帳の交付対象となる障害とは

  • 障がい児
  • 生活
  • 交布・配布物

身体障害者手帳の説明

身体障害者手帳とは

概要

身体障害者福祉法に定める身体上の障害がある者に対して、都道府県知事、指定都市市長又は中核市市長が交付する。

交付対象者

身体障害者福祉法別表に掲げる身体上の障害があるもの
障害の種類(いずれも、一定以上で永続することが要件とされている)
・視覚障害
・聴覚又は平衡機能の障害
・音声機能、言語機能又はそしゃく機能の障害
・肢体不自由
・心臓、じん臓又は呼吸器の機能の障害
・ぼうこう又は直腸の機能の障害
・小腸の機能の障害
・ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能の障害
・肝臓の機能の障害

障害の程度

法別表に該当するかどうかの詳細については、身体障害者福祉法施行規則別表第5号「身体障害者障害程度等級表」において、障害の種類別に重度の側から1級から6級の等級が定められている。
(7級の障害は、単独では交付対象とはならないが、7級の障害が2つ以上重複する場合又は7級の障害が6級以上の障害と重複する場合は、対象となる。

 

子育て世帯を応援している大阪府のスポンサー

大阪狭山市の関連制度

大阪狭山市のピックアップ