イクハクは企業スポンサーのご支援で運営しています

母子健康手帳

各種助成を受けるなら必須!まずは母子健康手帳をもらいましょう!

  • 保育・教育
  • 妊娠
  • 交布・配布物
  • その他

母子健康手帳の説明

母子健康手帳とは

ご妊娠おめでとうございます。
妊娠の届出をした方に、母子健康手帳と妊婦健康診査受診票などが入っている「母と子の保健バッグ」を交付します。
母子健康手帳交付前に受診した妊婦健康診査費用については、助成を受けられません。妊娠がわかったら早めに妊娠の届出をしましょう。
妊婦健康診査費用などを助成しています。

発行場所

お住まいの市区役所・町村役場
※妊娠届や印鑑が必要な場合があります。

母子健康手帳にはいろんなページがあります

以下、母子健康手帳(母子手帳)の説明です。
まず、「子の保護者」欄をすぐ記載してください。

妊娠中と出産時ページ

妊娠中の健康管理、出産時の状態を記載するページです。「妊婦の健康状態等」や「妊婦の職業と環境」は、医療機関受診前に妊婦が自分自身で記入してください。
何か異常があったときに、受診した医療機関に対する情報源となり、問題の早期発見につながります。
「妊婦自身の記録」欄には、妊婦自身や父親、家族などが、折々の気持ちなどを積極的に書きこんでください。また、体調の変化や健康診査時に尋ねたいことなどは、医師や助産師に直接聞きにくいことでも記載しておき、健康診査時にみてもらうとよいでしょう。
「妊娠中の経過」は、健康診査時に医療機関で行う検査などの記録欄ですが、医療機関によっては結果などを妊婦が自分で記載するよう指導される場合もあります。また、予備欄には検査結果の紙なども適宜貼り付けることができます。

乳幼児期ページ

乳幼児健康診査や予防接種について記載できるページです。健康診査や予防接種を受けるときだけではなく、小児科や歯科を受診する際にも持参したり、家庭や保育所・幼稚園などで測定した身長・体重なども積極的に記入したりもできます。
身長・体重などを身体発育曲線に記入すると、成長の様子がよくわかります。記載を続けることで、子どもの成長や健康状態の記録としてかけがえのないものになります。
また、誕生日などの節目には、両親からのメッセージを送るなど、健康以外のことを書いても構いません。
これらの記録は、万一大きな病気にかかったときなどにも、重要な情報となります。
また、予防接種の記録は予防接種済証と呼ばれる公的な証明にもなるほか、予防接種の有無は就学以降もたびたび必要となる情報ですので、長期に保管すると役立ちます。

その他任意様式部分

妊娠中に気をつけておきたいことや育児のしおりなど、知っておきたい知識が記載されています。また、主な医療給付の制度や働いている方の制度なども載っていますので、一通り目を通してください。
妊婦健康診査、新生児訪問や乳児家庭全戸訪問、相談窓口(市町村保健センターやDV相談ナビ等)についても育児に必要な知識ですので知っておいてください。

詳しくはお住まいの市・区役所、町・村役場にお問い合わせください。

子育て世帯を応援している大阪府のスポンサー

大阪市浪速区の関連制度

大阪市浪速区のピックアップ