イクハクは企業スポンサーのご支援で運営しています

妊娠届

妊娠したらすぐに届け出!母子健康手帳などが交付

  • お金
  • 妊娠
  • 交布・配布物
  • その他

妊娠届の説明

妊娠届とは

妊娠がわかったら居住地の区市町村役所から妊娠届を取り寄せて、早めにだしましょう。
妊娠届を出さないと各種の補助や制度を受けることができませんのでご注意ください。
※自治体によっては、妊娠届を提出する際に医師の妊娠証明書が必要な場合もあります。

妊娠届を提出すると交付されるもの

〇母子健康手帳
この母子健康手帳はお母さんと子どもの健康を守るために作られたもので、妊娠から出産、子どもの入学までの健康状態や発育の様子などを記録する大切なものです。

〇母と子の健康バック
この中には、妊娠中の健康診査の受診票や出生通知票、母親学級などの行政サービスのご案内が入っていますのでよくご覧になってください。
通常は妊婦健診にかかる費用を補助するための受診券あるいは補助券も交付されます。

受診券と補助券について

妊婦健診を受診する際に、受診券や補助券を医療機関に持参して妊婦健診を受けます。
妊婦健診では健康保険が適用されず、1回の健診に5千円~1万5千円くらいかかります。公費(地方自治体と国)で健診費用を助成してくれますが、助成を受けても5~10万円の費用は必要になると言われています。
そこで助けになるのがこの受診券と補助券です。

受診券方式

検査項目が示されている受診券を持参して妊婦健診を受診する方式

補助券方式

補助額が記載されていて検査項目は医療機関が判断する方式

※補助を受けられる妊婦健診の回数や金額は自治体によって異なります。
詳しい内容は、お住まいの自治体で確認してください。

子育て世帯を応援している大阪府のスポンサー

大阪市浪速区の関連制度

大阪市浪速区のピックアップ