小児救急電話相談事業(#8000)

休日・夜間の急な子どもの病気の時に小児科医、看護師が相談に乗ってくれます

  • 医療
  • 相談

小児救急電話相談事業(#8000)の説明

小児救急電話相談事業(#8000)とは

小さなお子さんをお持ちの保護者の方が、休日・夜間の急な子どもの病気にどう対処したらよいのか、病院の診療を受けたほうがいいのかなど判断に迷った時に、小児科医師・看護師への電話による相談ができるものです。緊急時は救急車「119番」を呼びましょう。

電話番号

〇プッシュ回線の固定電話、携帯電話の方
#8000
全国同一の短縮番号「#8000」をプッシュすることにより、お住まいの都道府県の相談窓口に自動転送されます。相談は無料ですが、通話料は相談される方の負担となります。

〇ダイヤル回線・IP電話等すべての電話の方
098-888-5230

※電話をする前に!
患者の住所(いまいる場所)、氏名、年令、症状(どんな、いつから)、電話番号を確認して、メモと鉛筆を用意してください。

受付時間

〇毎日・夜間:午後7時~午後11時

こんなときにはすぐお電話ください

・発熱
・嘔吐(おう吐)
・下痢
・咳
・腫れ
・湿疹
・頭痛
・腹痛
・失神

その他(関連コンテンツ)

〇電話での相談以外にも,次の方法で対処法を確認することができます。
こどもの救急 (外部リンク)
日本小児科学会監修のホームページ「こどもの救急」です。
ホームページ上でお子さんの症状をチェックすることで、お医者さんに行くか行かないかのめやすを示してくれます。
 

子育て世帯を応援している沖縄県のスポンサー

東村の関連制度

東村のピックアップ