住宅設備改良に対する助成

障がいに適するようにトイレ・玄関・風呂・台所などを改造する費用を助成します

  • お金
  • 障がい児
  • 生活
  • 地域独自

住宅設備改良に対する助成の説明

住宅設備改良に対する助成とは

障がい者又はその保護者が、その障がいに適するようにトイレ・玄関・風呂・台所などを改造する場合、改造工事に要する費用を障がい者の属する世帯について1回に限り、助成します。

住宅設備改良に対する助成

事前に申請が必要となります。
新築や増築、老朽化や故障に伴う改修工事は対象になりません。また、介護保険から住宅改修に関する給付が受けられる場合は、介護保険制度が優先されます。
<対象者>
1.身体障害者手帳1級又は2級をお持ちの方
2.知能指数が35以下の方
3.身体障害者手帳3級で、かつ、知能指数が50以下の方
<助成額>
住宅設備の改修に直接要する費用(上限80万円)
※世帯の課税状況に応じて助成額が異なります。詳しくは障がい福祉課へお問い合わせください。
<申請方法>
次の書類を添えて、必ず改修工事を行う前に障がい福祉課で申請してください。
なお、市が助成の決定を行う前に着工した場合は、助成対象となりませんのでご注意ください。
1.身体障害者手帳又は療育手帳
2.工事見積書
3.工事見取図と工事前の現況写真
4.家主の承諾書(借家の場合のみ)
5.預金通帳(本人名義のもの)
<天井走行式移動リフト・環境制御装置>
天井走行式移動リフトと環境制御装置については、それぞれ助成対象者、助成金額の上限が異なりますので、詳しくは障がい福祉課へお問い合わせください。

子育て世帯を応援している神奈川県のスポンサー

小田原市の関連制度

小田原市のピックアップ