若者・子育て世代住宅取得奨励金制度について

筑西市内で新築住宅を取得し、定住した子育て世帯に50万円交付されます

  • お金
  • 生活
  • 地域独自

若者・子育て世代住宅取得奨励金制度についての説明

若者・子育て世代住宅取得奨励金制度についてとは

若者や子育て世代の定住の促進を図り、人口の減少を抑制するとともに、活力あるまちづくりを推進するため、平成27年度から、若者・子育て世帯の住宅取得を支援する奨励金交付制度を実施します。

制度の概要

・筑西市内に新築住宅を取得し定住した若者・子育て世帯に、定住の奨励金として1世帯あたり50万円を交付します。
・新築住宅を取得し筑西市へ転入し定住する方はもとより、これまで筑西市在住の方が新築住宅を取得し引き続き定住する場合も(建て替えの場合も含む)、条件がそろえば交付の対象となります。
・事業期間:平成27年4月1日から平成30年3月31日まで
・申請の期限:取得した新築住宅の所有権保存登記等の受付年月日から起算して6ヶ月以内
・申請の方法:交付申請書に必要となる書類を添えて企画課(市役所本庁舎3階)へ提出願います。
・受付開始:平成27年4月1日より順次受付け

新築住宅の要件

・新築した住宅(建て替えを含む)又は建売住宅等で、建築後使用されたことがないもののうち、当該住宅に係る建物の登記事項証明書(全部事項証明書)に記載された新築の日から1年以内の住宅であること。
・平成27年4月1日から平成30年3月31日までの間に不動産登記法の規定による建物の所有権保存登記又は所有権移転登記をしたものであること。

※ほか詳細な条件は、「パンフレット」又は「筑西市若者・子育て世代住宅取得奨励金交付要綱」をご覧ください。

交付対象者の条件

○永年にわたり居住する意思をもって本市の住民基本台帳に記録され、かつ、その生活基盤が本市の区域内にあり、奨励金の交付を受けた日から5年以上定住をする意思があること。
○平成27年4月1日から平成30年3月31日までの間に、対象新築住宅に係る所有権保存登記又は所有権移転登記を行い、当該新築住宅において定住をしていること。
○対象新築住宅の全部事項証明書において、交付対象者の2分の1以上の所有権を確認できること。
○申請日において40歳以下であり、出生から18歳に達する日の属する年度の末日までの申請者の子がいること、又は、申請者に40歳以下の配偶者がいること。

※ほか詳細な条件は、「パンフレット」又は「筑西市若者・子育て世代住宅取得奨励金交付要綱」をご覧ください。

提出書類

・若者・子育て世代住宅取得奨励金交付申請若者・子育て住宅書(様式第1号)
・誓約書(様式第2号)
・居住する世帯員全員の住民票の写し
・居住する世帯員全員のうち納税義務のある者の市税の納税証明書(完納)
・対象新築住宅の登記事項証明書(全部事項証明書)
・対象新築住宅の建築確認済証の写し
・対象新築住宅の付近の見取図
・対象新築住宅の現況写真

※一度発行した証明書類(住民票・納税証明書等)につきましては、この奨励金の交付対象とならないことを理由に、手数料の払い戻しはいたしかねますので、交付の条件について、再度ご確認いただくか、事前にお問い合わせください。

子育て世帯を応援している茨城県のスポンサー

筑西市の関連制度

筑西市のピックアップ