肝炎治療に対する医療費の助成

肝炎の治療について、国と自治体で助成しています

  • お金
  • 医療

肝炎治療に対する医療費の助成の説明

肝炎治療に対する医療費の助成とは

現在、厚生労働省と都道府県では、B型・C型肝炎のインターフェロン治療及びC型肝炎のインターフェロンフリー治療並びにB型肝炎の核酸アナログ製剤治療に対する医療費助成を行っています。

助成内容

患者の世帯の市町村民税課税年額に応じ、その自己負担限度月額を原則1万円(上位所得階層は2万円)に軽減します。
※つまり、1万円(2万円)を超えた分を国や自治体が負担してくれるということです。
・世帯の市町村民税(所得割)課税年額が235,000円以上の場合:20,000円を超えた分を助成
・世帯の市町村民税(所得割)課税年額が235,000円未満の場合:10,000円を超えた分を助成

必要書類

1.肝炎治療(インターフェロン治療、インターフェロンフリー治療又は核酸アナログ製剤治療)受給者証交付申請書(発行:お住まいの都道府県)
2.医師の診断書(発行:かかりつけ医など)
3.患者の氏名が記載された被保険者証等の写し(発行:各保険者)
4.患者の属する世帯の全員について記載のある住民票の写し
5.市町村民税課税年額を証明する書類(4.5.発行:お住まいの市町村)

各自治体の「医療費助成」についての取組

各都道府県では、肝炎治療に対する医療費助成を行っています。
お住まいの都道府県の情報を確認する際にお役立てください。
※各自治体の詳細ページは「手続きなどの詳細はこちら」から見ることができます。

 

子育て世帯を応援している北海道のスポンサー

上士幌町の関連制度

上士幌町のピックアップ