児童虐待の防止

STOP!児童虐待!虐待を受けたと思われる子どもを発見した場合は、速やかに通告を!

  • 保育・教育
  • 地域独自
  • その他

児童虐待の防止の説明

児童虐待の防止とは

STOP!児童虐待

虐待を受けたと思われる子どもを発見した場合は、速やかに通告する法律上の義務があります!
通告が子どもや保護者の支援につながります!

※オレンジリボンには子どもの虐待を防止するというメッセージが込められています。

●子どもを虐待から守るための5か条
1.「おかしい」と感じたら迷わず市町村・児童相談所へ連絡 (通告しましょう)
2.「しつけのつもり」は言い訳 (子どもの立場で判断しましょう)
3.ひとりで抱え込まない (あなたにできることから即実行しましょう)
4.親の立場より子どもの立場 (子どもの命が最優先です)
5.虐待はあなたの周りでも起こりうる (特別なことではありません)
児童虐待の定義はこちら(福祉・健康べんり帳)

●児童虐待の相談
虐待通告のQ&Aはこちら(福祉・健康べんり帳)

■連絡先一覧
・こどもホットライン24
(なやみはやーよ)
0120-78-3884
備考:24時間対応

・中央児童相談所
027-261-1000
備考:月~金
8時30分~17時15分
所管区域:前橋市、伊勢崎市、佐波郡

・中央児童相談所・北部支所
0279-20-1010    
備考:月~金
8時30分~17時15分
所管区域:沼田市、渋川市、北群馬郡、吾妻郡、利根郡

・西部児童相談所    
027-322-2498
備考:月~金
8時30分~17時15分
所管区域:高崎市、藤岡市、富岡市、安中市、多野郡、甘楽郡

・東部児童相談所    
0276-31-3721
備考:月~金
8時30分~17時15分
所管区域:桐生市、太田市、館林市、みどり市、邑楽郡

警察署(緊急を要する場合)群馬県警のページへ

〔虐待についての相談〕
●質問
「子どもを虐待してしまう」という知り合いがいるのですが、どうしたらよいでしょうか?〔虐待についての相談〕

回答
「子育て不安」を一人で抱え込まないことが大切であることを説き、是非ゆっくり話を聞いてあげてください。
その場合、本人も悩んでいるのですから、決してそのことを責めないでください。そして、児童相談所や市の福祉事務所、児童家庭支援センターなどに相談するよう勧めてください。電話で相談を受けることもできます。
悩む親を誰かが支えてあげられると、虐待しないですむように、親も成長していきます。

【虐待についての相談窓口】

■虐待についての相談窓口一覧表
・中央児童相談所
前橋市野中町360-1
電話:027-261-1000
FAX:027-261-7333

・中央児童相談所北部支所
渋川市金井394
電話:0279-20-1010
FAX:0279-22-2277

・西部児童相談所
高崎市高松町6
電話:027-322-2498
FAX:027-322-5602

・東部児童相談所
太田市西本町41-34
電話:0276-31-3721
FAX:0276-32-3648
・詳細は児童相談所一覧こちらから

【児童家庭支援センター】
(民間の相談窓口、無料)

■児童家庭支援センター一覧表
・児童家庭支援ホーム希望館
高崎市大橋町210
電話:027-322-5622
FAX:027-322-4178

・こども家庭相談室
太田市熊野町7-15
電話:0276-22-4754
FAX:0276-22-2600

【電話相談】
■電話相談一覧表
・こどもホットライン24
0120-783-884(フリーダイヤル)
(FAX:027-261-7333)

・安心・自信の相談電話(NPO法人 エンパワメントぐんま)
027-350-3900

詳しくは「詳細はこちら」をご覧ください。

子育て世帯を応援している群馬県のスポンサー

草津町の関連制度

草津町のピックアップ