結核児童の療育医療を受けるには

治療費を公費で負担するとともに日用品、学用品を支給する療育医療

  • お金
  • 医療
  • 地域独自
  • その他

結核児童の療育医療を受けるにはの説明

結核児童の療育医療を受けるにはとは

結核にかかっている18歳未満の児童が入院して長期療養を必要とする場合は、治療を行いながら学校教育を受ける必要があります。
指定医療機関に入院したときは、治療費を公費で負担するとともに日用品、学用品を支給する療育医療という制度があります。
ただし、生活保護世帯は、全額公費で負担しますが、その他は家族の収入に応じて一部自己負担があります。

問い合わせは、保健福祉環境事務所

詳しくは「詳細はこちら」をご覧ください。

子育て世帯を応援している福岡県のスポンサー

大木町の関連制度

大木町のピックアップ