ふくいの子宝応援給付金

育児短時間勤務の方に、通常勤務の育児休業給付金との差額相当分を支給

  • お金
  • 保育・教育
  • 生活
  • 地域独自

ふくいの子宝応援給付金の説明

ふくいの子宝応援給付金とは

雇用保険から支給される育児休業給付金は、休業開始前の賃金により算定されるため、育児短時間勤務から次の子を出産し、育児休業を取得する場合、通常勤務から育児休業を取得する場合に比べ給付額が低くなります。
このため、通常勤務の賃金水準による育児休業給付金との差額相当分を支給することで、短時間勤務の活用を促進し、若い世代が安心して出産・子育てできるよう後押しします。

ふくいの子宝応援給付金チラシ(PDF形式690キロバイト)

対象者

1.福井県内に在住しており、育児短時間勤務を連続して原則として6か月以上利用していること
2.育児短時間勤務(子が3歳まで)から次の子を出産した後、その子が1歳になるまで育児休業を取得し職場復帰したこと
 ※1歳の誕生日の属する月の前月の初日からの復帰も特別な事情がある場合は対象とする。
3.育児短時間勤務中の給与が、通常の労働時間で勤務した場合よりも減額されており、通常の労働時間の場合と比べ、雇用保険から支給される育児休業給付金に差額が生じていること

注意点

対象

・正社員(フル)→育休→正社員(短時間勤務)で復帰
・パート(8時間)→育休→パート(6時間)で復帰

対象外(雇用形態が変わるため)

正社員(フル)→育休→パート(6時間)で復帰

支給額

通常の労働時間による育児休業給付金と短時間勤務による育児休業給付金との差額相当分について、30万円を限度として支給(千円単位切り捨て)

申請方法

職場に復帰した日から3か月以内に、ふくいの子宝応援給付金支給申請書に必要書類を添付し、福井県健康福祉部子ども家庭課子ども・子育て支援グループに提出

〇申請書類
1.ふくいの子宝応援給付金支給申請書
 ※申請額は、「給付金の算定方法」により算出してください。
2.育児短時間勤務にかかる子の出生の事実を確認できる書類
 (健康保険証の写しなど)
3.6か月以上の短時間勤務をしていたことが確認できる書類
 (雇用主が短時間勤務を承認した書類等)
4.育児休業開始日、育児短時間勤務中の賃金月額、1歳までの育児休業取得が確認できる書類
 (育児休業開始時および最終の「育児休業給付金支給決定通知書」の写し)
5.短縮した労働時間および短縮した労働時間分の給与が支払われていないことが確認できる書類
 (短縮した労働時間が確認できる書類、就業規則の写し等)
6.債権・債務者登録申請書
7.通帳の口座情報が確認できる部分の写し

※「手続きなどの詳細はこちら」から、申請書のダウンロードや給付金の算定方法の確認ができます。

ふくいの子宝応援給付金に関するお問い合わせ

子ども家庭課子ども・子育て支援チーム
電話番号:0776-20-0341
ファックス:0776-20-0640
メール:kodomo@pref.fukui.lg.jp

子育て世帯を応援している福井県のスポンサー

福井市の関連制度

福井市のピックアップ