留守家庭児童健全育成事業(学童保育)

下校後保護者が不在の子どもが放課後を安全で楽しく過ごすための生活の場です

  • 保育・教育
  • 地域独自

留守家庭児童健全育成事業(学童保育)の説明

留守家庭児童健全育成事業(学童保育)とは

本市では、就労等により下校後保護者が不在で、適切な監護が受けられない児童の健全育成を図るため、児童館に留守家庭児童クラブを設けて運営を行うとともに、地域の留守家庭児童育成会に助成を行っています。留守家庭児童育成会や児童館留守家庭児童クラブにお子さんの入会を希望される方は、お住まいの区の区役所民生子ども課民生子ども係又は児童館までご相談下さい。

対象児童

市内の小学校の第1学年から第6学年に在学し、就労等下校後保護者が不在の児童

指導日

日曜日・祝休日・年末年始を除く毎日(地域の留守家庭児童育成会によっては異なることがあります。)

指導時間

児童館は午後1時から午後6時まで。ただし、春・夏・冬休みは午前中も実施しています。地域の留守家庭児童育成会は、個々に時間が異なります。

指導内容

専任の指導員をおき、健全な遊びを通して正しい生活習慣を身につけるよう指導にあたるとともに、季節にあった行事等を行います。

その他

おやつ代等保護者負担があります。子育てをしながら安心して働き続けることができるよう、放課後における留守家庭児童の健全育成を図ります。

育成会(学童保育所)及び児童クラブ一覧 昭和区

子育て世帯を応援している愛知県のスポンサー

名古屋市昭和区の関連制度

名古屋市昭和区のピックアップ