寡婦(かふ)

所得制限

寡婦(かふ)とは、一般的には「夫と死別もしくは離婚したあと再婚していない人」という意味です。つまり、旦那さんが亡くなったか離婚してバツイチになったその時から、女性は「寡婦」になるんですね。寡婦の人で、いくつか条件を満たした人には、お得な制度があります。普通の所得税だけ見ても、27万円も安くなることもあるのです。制度によってその条件はまちまちですが、以下にできるだけわかりやすくまとめてみました。

所得税においての寡婦

働いたら、国に税金を納めますね。それが所得税という税金です。所得税は、寡婦に優しい決まりがあります。なんと27万円も安くしてくれるのです。これを寡婦控除(かふこうじょ)と言います。しかしバツイチならだれでもいいというわけではありません。今どきの言葉で簡単に言うと、「バツイチ子持ち」か「旦那さんを亡くした人」がこれに当てはまります。

「寡婦控除」で27万円安くなる寡婦はこういう人

寡婦とは、税を納める本人が、原則としてその年の12月31日の時点で、次の「いずれか」に当てはまる人です。(どっちかでOK!)
1.夫と死別、もしくは離婚した後婚姻をしていない人、又は夫の生死が明らかでない一定の人で、扶養親族がいる人又は生計を一にする子がいる人です。この場合の子は、総所得金額等が38万円以下で、他の人の控除対象配偶者や扶養親族となっていない人に限られます。
※この場合は子どもか誰か自分が扶養している人がいることが条件です。
2. 夫と死別した後婚姻をしていない人又は夫の生死が明らかでない一定の人で、合計所得金額が500万円以下の人です。
※「夫」とは、ちゃんと婚姻届けを出した、民法上の婚姻関係をいいます。
※この場合は子どもや扶養する人はいなくてもOKですが、旦那さんと「離婚した」だけでは当てはまりません。

さらに!「特定の寡婦控除」で35万円安くなる寡婦はこういう人

寡婦に該当する方が次の要件の「全て」を満たすときは、「特定の寡婦」に該当します。
1.夫と死別し又は離婚した後婚姻をしていない人や夫の生死が明らかでない一定の人
2.扶養親族である子がいる人(この場合は親などではなく、必ず子どもです)
3.合計所得金額が500万円以下であること。 (所得=給料ではありません)
※つまり、離婚したか死別した状態で、子どもを自分のお金で育てていて、年間に稼ぐお金が500万円以下ならば当てはまります。

母子及び父子並びに寡婦福祉法においての寡婦

各自治体で、寡婦に対して低い金利でお金を貸してくれる制度があったり、公営住宅の賃料が安くなったり優先して住まわせてくれるなどの援助を行っているところがあります。こういう時に使われる「寡婦」とは、旦那さんを亡くした・又は離婚した後にシングルマザーとして子どもを育てていることが条件です。

その他、寡婦に対する制度やお役立ち情報

児童扶養手当

ひとり親のご家庭の経済を手助けするため、4か月に一度、4か月分の手当が振り込まれる制度です。

母子父子寡婦福祉資金貸付金

ひとり親に無利子でお金を貸してくれる制度です。返還期限は、資金の種類によって、3年間から20年間までです。

寡婦年金

国民年金における制度です。国民年金を25年以上払った夫が年金をもらわずに死亡した場合、一定の条件を満たす妻に「寡婦年金」が支給されます。支給期間は60歳から65歳までの5年間です。

就業支援

ひとり親家庭の父母が就職するための支援をしてくれるサービスがたくさんあります。職を紹介してくれるだけでなく、学びなおす機会をくれたり、資格を取るときの資金をサポートしてくれたりする制度もあります。
・母子家庭等就業・自立支援センター
・マザーズハローワーク
・ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験の合格支援事業
・自立支援教育訓練給付金
・高等就業訓練促進給付金

母子生活支援施設

シングルマザーと子どもの生活を守るため、母子を入所させる施設です。 施設を退所したあとも、保育所に入所できない場合に使えたり、就職やアパートを借りる際の身元保証人になってくれたりします。

住むところの確保

母子家庭は、公営住宅や都市機構賃貸住宅、民間賃貸住宅、雇用促進住宅において、法律で、抽選による当選率を高くしてくれると決まっています。

保育に関して

保育所へも母子家庭は優先して入れてくれることになっています。仕事が忙しい時などは延長保育、夜間保育、子どもが病気になったときに預かってくれる「病児・病後保育」、放課後児童クラブなども活用しましょう。

各種優遇制度

地域によって、ひとり親家庭の医療費が助成される制度や、JRの定期が安くなる制度など、さまざまなユニークな制度があります。ぜひお住まいの地域のイクハクのページで調べてみてくださいね。

関連語句